女性の健康的な生活をトータルサポートする宇都宮市の婦人科、麻酔科 

婦人科一般診療

普段から症状のチェックを

greenhouse

 女性の体は、ホルモンの影響などで年齢とともにさまざまな変化が見られます。その中で起こる気になる症状や病気などを診断治療するのが婦人科です。普段から、月経の異常やおりものの異常、外陰部や乳房の異常などさまざまな症状をチェックして、早期発見早期治療に努めましょう。

おりもの かゆみ

 おりものの異常やかゆみ、かぶれなどの症状は、細菌感染、ウィルス感染、原因は様々です。この様な症状の方は市販薬に頼らず、まずは診察を受けましょう。人知れず悩まずにまずはご相談ください。

月経異常

 月経不順、過多月経、月経困難症など生理のトラブルは様々です。ストレスや女性ホルモンの低下、また子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が原因かもしれません。正常な周期とされるのは25日から36日で期間は5日から7日。下腹部痛や腰痛などの症状を伴うことがありますが、日常生活に支障がある場合は、一度は婦人科の診察を受けましょう。

月経異常参考サイト

不正出血

 何か子宮、卵巣の異常のサインかもしれません。子宮頸がんや子宮体がん、ポリープや筋腫の可能性もあります。まずは診察を受けましょう。

性感染症

 一般的に性病といわれるものです。

 HIV、梅毒、性器ヘルペス、淋病、クラミジア、尖形コンジローマ、トリコモナス膣炎などが代表的です。
 特に性器クラミジアは、初期症状が乏しいため感染に気付かず、最近はとても急増しています。そのままにしておくと、子宮頚管炎などを引き起こして、子宮外妊娠や不妊症に繋がる恐れがあります。 一度は検査を受けてみましょう。

 そのほか、オーラルセックスによる咽頭クラミジア検査、子宮頸がんの原因と考えられているHPV(ヒトパピローマウィルス)の検査(自費)も行っています。

 無防備な性交渉はこのように様々な危険性をはらんでいます。心配な場合は、まず検査を受けましょう。

更年期症状

 女性ホルモンの分泌が低下することによって起こる諸症状(のぼせ・ほてり・発汗・イライラ・憂うつ・不眠・疲労感・尿失禁・膀胱炎・性交痛・肌のかさつき・ドライマウスetc)を、個々の症状に応じて治療していきます。
 女性ホルモンの低下の起きる年齢は50代だけではありません。 個人様々なので、気になるようでしたら、まずは診察を受けましょう。ホルモン補充療法や漢方薬などの治療で症状の改善が期待できます。

更年期治療参考サイト

排尿障害

■トイレが近くなる、就寝後に2回以上トイレに起きる(頻尿)
■ 笑ったり、くしゃみをしたりした時に尿漏れする (腹圧性尿失禁)
■ 尿意を感じてからトイレに行く前に尿漏れしてしまう(切迫性尿失禁)

 uro_master治療としては、過活動膀胱治療薬(抗コリン剤)、漢方薬、ホルモン補充療法、その他にウロマスター(干渉低周波治療器)を使った骨盤底筋を刺激して症状を改善する方法があります。
 また、簡単な体操(骨盤底筋体操)で症状が改善される事もありますので試してみてください。

下腹部痛・腰痛

 女性は、子宮や卵巣を持っているため下腹部痛や腰痛はよく起こります。 でもそれは単なる生理痛なのか、子宮内膜症や子宮筋腫などのように婦人科治療が必要な病気なのか、また性感染症が原因なのかは受診しないと分かりません。鎮痛剤を飲めば治るからと放っておいてもっとひどい状態になってしまうかもしれません。早めに受診しましょう。

 下腹部痛・腰痛参考サイト

生理の遅れ

 生理が遅れていることは、妊娠だけの心配ではありません。妊娠の心あたりがなかったとしても、薬の副作用やストレス、過度なダイエット、また何らかの病気など女性ホルモンのバランスを崩す原因はさまざまです。ちょっと気になるようなら、早めに受診しましょう。

思春期相談

 思春期を迎えた頃から始まる様々なトラブル、生理痛、月経前緊張症、生理不順そして、性感染症や妊娠の不安や悩みなど、診察の前後ににヘルスケアアドバイザーとのご相談もできます。

不妊治療

 当クリニックでは一般不妊治療として、基礎体温測定や、漢方薬や排卵誘発剤を使って排卵日を予測し、妊娠しやすい状態を作った上でのタイミング法を行っております。またそれ以上の高度不妊治療が必要な場合は、専門医療機関へご紹介いたします。

プラセンタ

 プラセンタ療法は、アンチエイジングや美容、更年期障害の改善、健康増進のために幅広く使われています。

◎プラセンタはこのような症状が気になる方にお勧めします。

美容のため:シミ、しわ、肌のくすみ、ハリ、つや など

健康のため:疲労回復、肉体疲労、肩こり、腰痛、不眠、肝機能低下、更年期症状、冷え性、生理不順、乾燥肌、など

p2 当クリニックではプラセンタ注射として医薬品の「ラエンネック」または「メルスモン」を使用しております。
 これらは感染症チェック済みの健康な母体から提供された胎盤のみを原料とし、安全性を更に高めるため製造工程中で高圧高温滅菌を数回行っている製剤です。

レーザー

p1 低出力レーザー治療は光作用を用いて血流を改善し疼痛を軽減する治療法です。
 レーザーの光作用には、血管拡張や自律神経、末梢神経に作用することなどにより、体の異常な状態を正常化する効果があります。それにより、自律神経失調症による様々な症状や、ホルモンバランスの改善、肩こり、腰痛、関節痛などの緩解が期待できます。疼痛部位や圧痛点、交感神経節などに数分程度照射するもので痛みや副作用はありません。

PAGETOP